インフォームドコンセント

通常、歯科矯正では、歯に物理的に取り付けられたワイヤーを使用して治療が行われてきました。Oh my teethでは、透明で目立たない取り外し可能なマウスピースを使用します。

マウスピース矯正には、ワイヤー矯正と比較していくつかの利点があります。より快適で、取り外し可能で食べやすく、歯ブラシやフロスが簡単にできます。多くの人は、透明なマウスピースがワイヤー矯正より優れていると考えていますが、それは万人向けではなく、場合によってはワイヤー矯正が必要または優先されるケースもあります。

マウスピース矯正には次のようなリスク・デメリットがあります。

  • 口腔内器具/ゆるい歯

口腔内器具またはゆるい歯がある場合、歯型を取る過程やマウスピース矯正中に外れることがあります。

  • 不快感

歯が動き始めると、不快感を覚えることがあります。さらに頬や歯茎の刺激を感じることがあり、唾液分泌に影響が出る場合があります。またマウスピースの感覚に慣れるには時間がかかり、発話に影響を与える可能性があります。

  • 限られた有効性

治療結果が予想されるほど効果的ではないケースもあります。

  • 外観が改善されない場合があります

外観は主観的な問題です。矯正プランに従って矯正が成功しても、結果に満足できない場合があります。さらに、長時間重なり合っている歯には歯肉組織が欠落している可能性があり、マウスピース矯正後に歯の間および/または歯の下の組織が退色および退縮する場合があります。

  • 治療時間は推定を超える場合があります

1日20時間未満のマウスピースの装着、過度の骨成長、口腔衛生不良、マウスピースの破損は、治療時間の延長、コストの増加、結果に影響を与える可能性があります。

  • 矯正の後戻り

指示どおりにリテーナーを装着しないと、矯正で折角動かした歯が後戻りする場合があります。リテーナーを無期限に使用する必要がある場合があります。

  • 異常な形状の歯は結果に影響を与える可能性があります

たとえば、不良補綴物はマウスピースの保持に問題を引き起こし、歯の動きを遅くしたり、妨げたりする可能性があります。

  • 注意を怠ると、マウスピースを飲み込む可能性があります

誤ってマウスピースの全体または一部を飲み込んだり吸引したりする可能性があります。マウスピースを装着している間は、スポーツや同様の活動を避けてください。

  • マウスピースが破損する場合があります

提供されるマウスピースは、BPAを含まない半硬質の透明プラスチックで作られます。これらのマウスピースが破損することはまれですが、起こりえます。壊れたマウスピースを装着し続けないでください。そのような場合は、お問い合わせください。

  • 脱灰、虫歯または歯周病

これらの問題は、適切なブラッシングとフロッシングを行わないと発生する可能性があります。さらに間食はできるだけ減らす必要があります。特に砂糖の摂取を最小限に抑えることにより、適切な食事管理を維持することが不可欠です。喫煙は、歯周病のリスクを高め、治癒を妨げることが示されています。

  • 歯根吸収

治療中に一部の歯の根元の骨(歯槽骨)が短くなるケースがあります。歯周病の場合、この短縮により罹患歯の寿命が短くなる可能性があります。ユーザーの歯が健康であれば、これらの短くなった歯は不利益を被りません。すべての歯根吸収が歯科矯正治療から生じるわけではないことに注意する必要があります。外傷、切り傷、宿便、内分泌障害、特発性などの理由により歯根吸収を引き起こす可能性があります。重度の歯根吸収は、早期の歯の喪失の可能性を高めます。

  • アレルギー

非常にまれですが、マウスピースまたは当社がユーザーに送付するその他の材料にアレルギーがある可能性があります。歯科用印象材またはプラスチックにアレルギー反応を起こしたことがある場合は、最初にご確認ください。マウスピースによる歯科矯正治療は、ユーザーには適さないかもしれません。

  • 損傷した歯

時には打撃によって歯が傷つけられたり、神経に損傷を与える大きな詰物がある場合があります。治療中に歯の中の神経が死ぬ可能性があるため、罹患した歯に根管治療が必要です。重度の場合は、歯の喪失につながることがあります。

  • リストにない他のリスクや有害な結果が生じる可能性があります。
  • マウスピースは矯正治療のために使用され、その他の歯の問題は矯正医またはかかりつけの歯科医と話し合う必要があります。
  • マウスピース治療システムは歯と健康に悪影響を与える可能性があることを理解しています。
  • 健康保険は、本サービス及び本治療をカバーしていません。


以下の場合には、当社は免責されます。

  • マウスピースの使用について、当社が定める方法に従った装着を毎日20時間以上行わなかった場合
  • マウスピースの装着方法をユーザーが間違った場合
  • ディスキング後、直ちにマウスピースの装着を開始せず、歯列が移動してしまった場合
  • ユーザーによるマウスピースの保管方法が、当社及び歯科医師の定める方法(外部SNSサービスを通じて指導した方法を含みます。)のとおりではなく、マウスピースが変形した場合


以下の場合には、ユーザーは以下の義務を負います。

  • マウスピースの着用を開始した場合、ユーザーは、毎日、所定の方法で当社に着用状況を報告する義務を負います。当該報告がなされなかった場合、ユーザーは、マウスピースを着用していなかったものとみなされます。
  • ユーザーが虫歯治療その他の治療を行うことにより、歯冠部が変形する等した可能性がある場合、ユーザーは、当社が指定する歯科医院等へ来院した上で歯科医師による診断を受けるよう協力する義務を負うものとします。
  • マウスピースが変形した場合、ユーザーは、当該マウスピースを当社に返送する義務を負います。当該返送がなされなかった場合、当社は、当該変形による責任を負わないものとします。

【2019年12月24日制定】